Homestay Experience 2015 :

Connecting to the world 

1/2

Kurumi

感想
私が岡山に行ってよかったなと思うのはたくさんの出会いがあったことです。
チャールズさん一家に出会えたことはもちろん、 GREERさんなど異国の方々とたくさん交流出来たことは私にとってとても良い体験でした。
はじめてのパン作りは一つ一つ英語で教えてくれてとても楽しく作ることが出来ました。
また、鳥取砂丘、砂の美術館はすごくきれいで見られてよかったなと思いました。
その他にも東京では出来ない体験をさせていただいてとても貴重な体験だったなと思いました。
英語は分かるまで待ってくれたり、分からなかったら英語でその言葉を説明してくれたので良い勉強になりました。

私は国内留学をして、聞き取れるようになり、行く前より答えられるようになりました。またコミニュケーションを実際にとってみることで日本との違いを実感することが出来ました。
1週間お世話になりました。

1日目は、駅に着くとオリビエさんが迎えに来てくれていた。荷物を運んでからカレーを食べた。カレーは辛かった。パンをオリビエさんと作った。パン作りはおもしろかった。
ローレンと晩ごはんのスープを作った。
2日目はヨガをした。初めてのヨガは体幹トレーニングみたいだった。
ブルーベリー畑では ローレンはいっぱい食べていたがぼくはちょっとだけ食べた。なぜなら虫が多かったから。虫は苦手だ。
3日目は鳥取にいった。砂丘を初めて見た。美術館はすごかった。昼は近くの「なんとか水産」っていうところで、イギリスの3人は海鮮丼?を食べたが、ぼくは刺身が嫌いなのでエビフライを食べた。このエビフライが今まで食べていたものはなんだったんだろうと思うくらいおいしかった。
そのあとビーチにいった。波が少しきつかった。

全体的に楽しかった。
あと、英語がもっと話せるようになりたいと思った。イギリスの3人とローレンがしゃべっていたが早くて何を言ってるのかわからなかった。

また行きたい。お世話になりました。

Keigo

Keigo